皐月賞の傾向データ分析です

にほんブログ村 トラコミュ 皐月賞(GI)へ
皐月賞(GI)
皐月賞 (G1)
皐月賞 データ分析

皐月賞の単勝人気傾向

1番人気 (2.2.1.5)
2番人気 (1.3.2.4)
3番人気 (2.0.2.6)
4番人気 (2.0.2.6)
5番人気 (0.0.0.10)
6番人気 (1.2.0.7)
7番人気 (2.0.0.8)
8番人気 (0.1.2.7)
9番人気 (0.0.0.10)
10番人気 (0.1.0.9)
11番人気 (0.0.1.9)
12番人気 (0.0.0.10)
13番人気 (0.0.0.10)
14番人気 (0.0.0.10)
15番人気 (0.1.0.9)
16番人気 (0.0.0.9)
17番人気 (0.0.0.9)
18番人気 (0.0.0.9)


8番人気以下で馬券になった馬は馬体重が460kgから490kgの間
極端に大柄だったり小柄だったりする馬は、人気サイドのみ注目

複勝率の高い順

60%
2番人気

50%
1番人気

40%
3番人気
4番人気

30%
6番人気
8番人気


皐月賞の単勝オッズ傾向

1.0~1.4 (0.0.0.0)
1.5~1.9 (0.0.0.1)
2.0~2.9 (1.1.0.2)
3.0~3.9 (1.4.2.2)
4.0~4.9 (1.0.1.0)
5.0~6.9 (2.0.2.6)
7.0~9.9 (1.0.1.10)
10.0~14.9 (2.1.0.10)
15.0~19.9 (2.1.1.12)
20.0~29.9 (0.0.2.11)
30.0~49.9 (0.1.1.28)
50.0~99.9 (0.1.0.29)
100.0~ (0.1.0.36)


単勝オッズ3倍未満の人気サイドの成績はまずまずですが
あまりに後方を走る馬では、若干信頼度が下がるようです

複勝率が高いのは3倍から4.9倍
単勝オッズ4倍台の馬の複勝率は100%でした

5.0から6.9倍と
10.0から19.9倍あたりはすべて1・3・8枠から





皐月賞の前走傾向 

スプリングS(4.3.2.41)
共同通信杯(3.0.2.5)
弥生賞(2.4.3.37)
若葉S(1.3.2.16)
京成杯(0.0.1.3)

馬券になった馬はすべて上記5レースから

近年は共同通信杯からの馬の勝利が目立ちます
複勝率も50%と優秀

頭数として多いのは弥生賞とスプリングステークス組

勝ち馬は少ないものの、単勝オッズ10倍以上の馬は若葉S組から多くでていました

毎日杯やアーリントンカップ、きさらぎ賞組は馬券になっていませんでした

にほんブログ村 トラコミュ 皐月賞(GI)へ
皐月賞(GI)
皐月賞 (G1)
皐月賞 データ分析

当サイトのデータ画像はすべて無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】 から引用しています