皐月賞の調教後の馬体重です

にほんブログ村 競馬ブログへ

1ブライトエンブレム484(0)4/15(水)

2ドゥラメンテ496(+8)4/15(水)
 
3スピッツミノル482(-2)4/16(木)

4ワンダーアツレッタ490(+10)4/15(水)

5リアルスティール508(+2)4/16(木)

6タガノエスプレッソ448(+8)4/15(水)

7キタサンブラック504(0)4/16(木)

8サトノクラウン482(0)4/15(水)

9ミュゼエイリアン486(+10)4/15(水)

10ベルーフ476(0)4/16(木)

11ダノンリバティ512(+6)4/15(水)

12ベルラップ512(+12)4/16(木)

13コメート488(-2)4/16(木)

14クラリティスカイ488(+8)4/16(木)

15ダノンプラチナ477(+5)4/15(水)


先週の桜花賞は、小さい馬体がさらにマイナスという馬が多く

その中でレッツゴードンキ、クルミナル、コンテッサトゥーレと
比較的体の大きく、馬体重の減の少なかった馬たちが馬券になっていましたが

皐月賞は桜花賞ほどは馬体重の影響を受けないんじゃないかなぁと思いますが

皐月賞の馬体重別傾向です

画像転載元:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

皐月賞出走馬で多いのが
460kgから499kgの馬ですが、半分に区切ると

460kg~479kgの馬より
480kg~499kgの馬の方が成績が良いです

500kg以上の大きい馬が馬券になる確率は高めかな

というか、今年の皐月賞出走馬で、馬券にならない体重の馬はいませんでした

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】




現時点でプラス体重の馬が多いものの
2005年から2014年の皐月賞の3着内の馬で、
出走前体重がプラスだった馬はたったの2頭です

2011年の3着馬ダノンバラード(+4kg)
2005年の3着馬アドマイヤジャパン(+2kg)

この2頭を除いては、全て増減なしかマイナス体重
マイナス10キロくらいでも、かなり馬券になっていますので
馬体重が減ってしまっていても問題ありません
にほんブログ村 トラコミュ 皐月賞 (G1)へ
皐月賞 (G1)
皐月賞 データ分析