春の天皇賞の重要な前哨戦・G2日経賞

にほんブログ村 競馬ブログへ

中山競馬場芝2500mを使用する、4歳以上の古馬のレースです

2014年から、この日経賞の1着馬に
天皇賞(春)の優先出走権が与えられるようになりました
(地方馬は2着以内)

日経賞は、ガチガチで決まる年もあれば荒れる年もあります

過去10年で1番人気が馬券にならなかった年が2回ありますが
どちらも横山典弘騎手の騎乗でした

もちろん、横山騎手が人気馬に騎乗して、馬券になった年の方が多いです
個人的な主観として、横山騎手は馬の実力通りの走りをさせる騎手だという印象があります

人気馬でも、その日のコンディションが悪かったら無茶をさせないし
調子が良かったら、その馬の走りたいままに走らせてあげるという
そんな印象です

どちらにせよ、この日経賞で横山騎手が穴馬を馬券に入れた事はありませんが
人気馬に騎乗したときは馬のコンディションをチェックしたほうがよさそうです

逆に言うと、典さん以外の騎手なら
まず間違いなく1番人気馬を馬券に入れようとしてくるという事です


春の天皇賞は、阪神大賞典と、この日経賞からの出走馬が多く
ここで叩いて勢いをつけていきます
1番人気馬はまず飛びませんから要チェックです

1番人気馬に限らず、このクラスのレースになると

様子見であえて馬券から外れるというケースはあまりありませんので
好走条件が最も揃った馬が順当に馬券になります

穴馬を探そうと思ったら、このレースの傾向や馬の特性を把握する必要があります

4歳から6歳の馬の好走が多いレースです
7歳以上の馬で馬券になったのは
単勝人気11倍くらいまでの、比較的人気サイドの馬です

差し・先行が多く馬券になっていて
極端な脚質の馬はあまり馬券になりません

2012年の日経賞1着馬・ネコパンチは、
12番人気の逃げ馬でした
このレースとしては異例の勝利でしたが

当日は重馬場で、芝が大分荒れていました

コース最内の、比較的芝が綺麗な場所を走っていた事と
もともと中山競馬場が得意だったことが勝利の理由だったのだと思います


長距離のレースですので
それぞれ有利な位置取りができた馬が馬券に入るようです


この中山芝2500mは、先行馬が内枠に入ると有利なコースで
実際に日経賞でも、1枠1番の先行馬が馬券になっている事が多いです

ですが日経賞の過去の結果を見ている感じ
中枠よりも外の差し馬の方が多い印象を受けます

馬の過去走を見れば脚質と得意な枠がわかります

枠順が決まった後は、その馬が実力を発揮できる枠に入ったかどうか
チェックしてみた方がよさそうです

実力馬がみんな本気で走るレースです
ちょっとした条件の違いでレース結果が大きく変化しますので

丁寧にデータをチェックすれば、日経賞攻略は難しくありませんね

競馬に関するデータ収集は、KLANが便利です
当サイトで使用しているデータ画像は全てKLANのものです


過去データや傾向はもちろん
過去のレース動画や競馬ニュースに予想ブログランキング

馬券購入から収支計算まで
競馬に必要なものは全て無料でチェックできます

PC・スマホ対応で
出先でも競馬情報をチェックする事ができて便利です

無料サイトですので、もしよろしければこちらから登録してみてください
予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

楽天やtwitterを登録されている方でしたら
そちらのIDでも登録ができて楽ちんです

当サイトもKLANのブログランキングに登録しているので
応援していただけたらうれしいです(照