古馬のためのG3 中日新聞杯

にほんブログ村 競馬ブログへ

このレースは2012年から開催時期が変わり
改装した中京競馬場芝2000mを使用しています

脚質や有利な枠などに正確なデータを求める場合は
2012年からのデータを参考にすることをおすすめします

穴馬はデータからわかるけど過去10年の傾向には注意するべき理由


なんていいながら
この中日新聞杯は、開催競馬場や時期によっての影響を
さほど受けないレースかもしれません

1番人気が必ず勝つレースではないものの
大穴が来る事は無いレースと言えるでしょう

前走の着順が極端に悪い馬は馬券になりません
前走が10着以下でも馬券になるのはG1だった馬です

オープンやG3で10着以下の馬は
2011年に小倉競馬場で開催した時以外
一度も馬券にはなっていません

玉石混合のレースで、強い馬はやっぱり強い

G1のトライアルレースというわけでもないので
人気薄の馬が決死の特攻をする可能性も低く
人気の馬が頑張らないレースとも言えません

G1トライアルなら、賞金額や次走への意気込みなんかで
ある程度陣営の作戦が読み取りやすいのですが

トライアルではない古馬のG3なので
それぞれの陣営の思惑が読み取りづらいレースです

基本的には、裏読みせずに
実績と脚質と騎手で買えばOKなレースですね


この中日新聞杯は、重賞でおなじみの騎手が少ないです
3会場開催のためでしょうか

普段のメインレースに出てこない
競馬初心者からしたら
誰だお前感満載の騎手が比較的多いレースです

でも過去成績の3着以内だけを見ると、
あまり有名でない騎手の名前が載っている事は少ないのです

やっぱり、有名な騎手は強い

中日新聞杯の予想をするときには
騎手も参考にした方が良さそうです

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】




中京競馬場芝2000mのコースは
最初の直線が短く
最後の直線は長いものの

先行争いは激しくなく
脚質の違いによる有利・不利はさほどないとされていますが
中日新聞杯では、主に中団の馬が馬券になっています

改装後の2012年からのレースでは
逃げ・追い込みともに馬券にならず

先行馬でも3番手あたり、
一番後方でも10番手くらいの位置取りの馬が馬券になっています


2012年の中日新聞杯の結果が1番わかりやすく

5着の逃げ馬を除いた1着から7着までの馬6頭すべてが
5番手から9番手でのレース展開でした

2012年3月4日(日) 中京11R 中日新聞杯のレース結果


極端な脚を持つ馬には厳しいレースのようです

人気薄で馬券になっているのは、10番手あたりでレースをする
比較的前よりの差し馬が多いです

以上のことから
中日新聞杯まとめ

前走成績の良い馬か前走G1の馬

強い騎手

3番手以下10番手以上あたりの中団でレースする馬

いじょう!