中山競馬場芝2000mを使用して行われる
G2レース報知杯弥生賞(皐月賞トライアル)

にほんブログ村 競馬ブログへ

3着以内の馬にクラシック3冠レースのひとつ
皐月賞の優先出走権が与えられるレースです

2000mという長距離を走り抜けるスピードとスタミナに加えて

JRAの競馬場のなかで、もっとも急な上り坂のある
最後の直線を上りきるためのパワーと

さらに、内回りのコースを使用するために
早い段階で好位につけられる器用さも求めらる

非常に要求レベルの高いレースですので

弥生賞で人気に支持されて好成績を残した馬は
次走の皐月賞、さらにはダービー、菊花賞
その先のG1レースまで活躍する可能性が非常に高くなります

過去の馬で言えば

ディープインパクト
アドマイヤムーン
ヴィクトワールピサ

などなど
そうそうたる顔ぶれとなっております

そのため、弥生賞で人気上位になった馬は
馬券にならなかったとしても必ずチェックしておいてください
先の皐月賞や日本ダービーを予想する重要な判断材料になります

弥生賞で1番人気に支持された馬が1着をとった場合
次走の皐月賞では、かなりの確率で馬券になりますし
後のG1レースにも出走して、良い成績をのこしています

しかし何らかの要素で馬券になる馬も相当数存在します

弥生賞の穴馬は皐月賞に優先出走権を与えられるので、
一応出走はしますが
まずいい成績は残せませんし、
3冠クラシック以後のG1に出走する事もほぼありません

弥生賞の行われる時期が3月の頭という
気圧配置の移り変わりが不安定な時期なため
雨が降る事が多いです

天候の悪い時のレースは荒れます

ですがこの弥生賞の場合
他のレースで多く見られる

「馬場状態が悪く、人気馬が実力を発揮できず
その時の馬場適性の高い馬が穴をあける」

という意味での荒れ方とは違うような荒れ方をする印象が私にはあります

何度もいいますが
弥生賞は後のG1スターホースが出走するレースです

3歳の若い未熟な馬同士のレースで
とびぬけた実力を持った馬が
多少馬場が荒れているというだけで凡走するわけがありません

実際、重馬場の年のレースでも
1番人気、2番人気の順でゴールしている年もありますし

弥生賞が荒れるか荒れないかの判断に
天候や馬場状態をそれほど重要視する必要はないと思います

強いて天候を関連付けて考えるとしたら

弥生賞で3着以内になって皐月賞の優先出走権を得る必要がないほど
すでに十分な獲得賞金を得ている関西馬が

東京競馬場で行われる皐月賞の前に
この中山競馬場の弥生賞に出走して、
関西からの長距離輸送に慣れさせておく

調子が良ければ勝ちに行くけど
状態の悪い時に無理させて怪我でもさせたら大変だから無理はさせない

その判断材料のひとつが馬場状態や天候
という感じでしょうか

1番人気で馬券にならなかったケースは
過去10年で2回あり

2013年1番人気で4着のエピファネイアがまさにそんな印象です


ちなみにもう1頭は
2012年の1番人気で8着に終わったアダムスピーク

騎乗していた内田博幸騎手は
すでに共同通信杯で勝利をおさめていて
皐月賞での騎乗が決まっていました

騎乗が決まっていた馬とは
その年の皐月賞の1着馬
ゴールドシップです

どちらも私の独断と偏見による意見に過ぎないのですが

弥生賞で1番人気が馬券にならない理由は
馬の能力や適正とは別のところにある

と結論付けさせていただきます。

弥生賞に出走する馬のほとんどが皐月賞の優先出走権が欲しい馬だが
人気の実績馬の中には皐月賞の叩きとして出走する馬もいる

人気馬に乗るような人気騎手は
弥生賞に出走する馬以外にも有力3歳馬に騎乗している可能性がある

ちなみに皐月賞のトライアルレースは弥生賞の他に
スプリングステークス(G2)/上位3頭
若葉ステークス(オープン)/上位2頭
がありますし
他のレース、例えば
京成杯や共同通信杯などからの出走もあります

他のレースで有力3歳馬に騎乗していたからといって
必ずしも皐月賞で同じ騎手が騎乗するわけではありませんし

たとえ他の有力馬での皐月賞騎乗が決まっているからといって
弥生賞で手を抜いた騎乗をするかといったら
決してそういうわけではありません

騎手の経験や性格、
それに厩舎や馬主との人関係性

そういったものを把握している方からしたら
それなりに重要な判断材料になるんじゃないかと思いますが

私はパソコンのデータしか判断材料がないので
ざっくりと参考にする程度にとどめておきます笑

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】




このあたりの前提を把握した上で
弥生賞のデータを調べてみると

やはり3歳クラシック路線に行きたい馬のレース

重賞で好成績を残している馬
もしくは超良血でオープン勝ちしている馬のなかで
基本的には1番人気を信頼

大穴は消しでOKです


中山芝2000mのコースは最初の直線が長く
先行の位置取りがしやすいため、時計がかかりやすい上に
春の開催という事から、スローペースになりやすいです

そのため、逃げ、先行に圧倒的に有利なレースですが
先行争いが激しく、ハイペースになったときのみ
大外からの派手な追い込みが決まりやすくなります

最初の直線が位置取りのしやすい長さであるため
極端に内枠が有利ということもないのですが
やはり出走数が多くなるほど外枠が不利になっていきます

馬番10番より外枠は、人気の馬でないと厳しいです


なので穴馬は内枠からしか出ません
1番外側でも馬番8番まで

一度中山で走ったことのある馬が内枠にいて
前を走る馬だった場合は馬券になるかもしれないのでチェックしておいて損はないでしょう


以上をふまえた上での
弥生賞のまとめ

チェックするべき馬

重賞実績馬

良血のオープン以上実績馬

内枠の馬

先行馬

中山を走ったことのある馬

気をつける馬

皐月賞に出走するための十分な実績と賞金をすでに持っていて
初の長距離輸送や
悪天候など
馬の消耗が心配される状況になったときの1番人気馬

騎乗する騎手が、圧倒的強さの3歳馬に騎乗していて
そちらの馬で皐月賞出走を狙っていそうなとき 笑

消しでいい馬

外枠の馬

10番人気以下の馬

以上っ